矢臼別平和資料館
 Yausubetu Peace Museum

日米共同長射程砲訓練
<通称・オリエントシールド>監視活動

2021年6月28日~7月1日
日米共同訓練監視活動の皆さま、コロナ禍、天候不順で肌寒い中お疲れさま でした ! 帯広から泊まり込みで参加されたご夫婦、片道 70 キロの釧路から通われ た支援者、労働組合、命と健康を守る場で力を尽くされている医療従事者、室蘭 から来られた研究者、地元の酪農家、矢臼別住人、昼食作り担当新婦人、暖房当 番さんー延べ100人に近い人々が、「戦争をする日本へ」と突き進もうとする この国の危うさに向き合って行動しました。 「監視活動の皆さん!お疲れ様です!36 発のロケット弾(4日間で 84 発)、 何千万円の日本の国家予算を消費したんですよね。暮らしにこそ使わせるように したいですね!」(Ⅰ・K様よりの応援メール) 〔2021・7・1 「育てる会」事務局日誌〕

スタンディング

6月19日 4:00~4:30 
途中から駆け付けた人も含めて6人が国道243号線の西春別セイコーマート向かいに立ちました。
いつもの4人より目立ち度アップ!
国民の暮らし、権利に関わる重大な法案を数に頼んでごり押しする。
「このような政治を変えたい! 自公政権はもうたくさん!」